むくみを軽減させるお風呂の入り方

お風呂に入ることによって期待できるむくみ解消への働きは

  • 体を温めることによる血行促進
  • 筋肉が温められほぐれる
  • リラックス効果
  • 温まることによって汗をかき老廃物の排出に繋がる

といった点が挙げられますね。毎日むくみを感じやすいという方は毎日のお風呂で身体の冷えを解消しながら、巡りのリズムを整えていきましょう。

 

むくみ解消を目指すなら半身浴をお試し!

お風呂に入るといってもシャワーだけで済ませるのでは、入浴によるむくみ解消の良さが半減してしまいます。
むくみを軽減したい時のお風呂の入り方としては、半身浴がおすすめです。

 

半身浴とは?

通常湯船にお湯を張る場合は胸や肩までお湯を溜めることが多いですが、半身浴は下腹部からみぞおちあたりまでの高さにお湯を溜めて下半身を温める入浴方法です。全身浴よりも血圧の上昇がゆるやかなため、心臓への負担も少ないと言われており、お湯の温度を調整すれば長く入っていられるため、夜のリラックスタイムに利用しながら、デトックスやダイエット、美容といった面に取り入れている方が多く、テレビでも取り上げられることが多く、芸能人、モデルさんなども実践されている方が多い入浴方法です。

 

半身浴の準備

  1. 入浴前にコップ1杯の水を飲む(長く入浴する場合にはペッドボトルを持ち込むのもおすすめ)
  2. お湯をみぞおちくらいの高さになるくらい湯船に溜める
  3. お湯の温度は高くしすぎず38〜40度くらい

半身浴の入浴時間

半身浴はお湯の温度を適度に設定することで、体への負担が少なく、長い時間入っていられるのがポイントです。
通常は20〜30分くらいを目安に入ることで、汗もしっかりとかけて体も温められます。

 

汗をかくので入浴前の水分補給は忘れないようにしたいですね。
逆に半身浴をしていて汗がでにくいという場合には水分を補給するか、お湯の温度が下がってしまっている場合もあるので、適度にお湯の温度を調整しましょう。

 

半身浴の入り方

半身浴ではリラックスしたいということで、湯船に横たわって入ってしまう方もいますが、湯船の角に首を乗せているとその部分が圧迫されてしまう場合があるので、基本は上半身を伸ばして姿勢を保った状態で入ることで、巡りを邪魔することなく、入っていられます。

 

上半身を冷やさないように注意

浴室が寒いという場合には上半身が冷えてしまいやすくなるので、長湯できないというケースがあります。
乾いたバスタオルやハンドタオルを1枚用意しておき、肩にかけて冷えないように注意しましょう。

 

半身浴にプラスすることで、さらに巡りをアップ!

通常の半身浴だけでもかなり体を温め、巡りをアップさせてくれますが、さらに巡りを高めたい時には入浴時の入り方、そしてアロマオイルといったアイテムをプラスしていくのもおすすめです。

 

温冷浴

温冷浴はゆっくりと半身浴をするというよりも、その前に少し熱めのお湯を張って体を温め、その後冷たいシャワーで足を冷やすといったむくみケアの方法と言えます。

 

基本は

  1. 半身浴くらいのお湯を張って3分くらい温まる
  2. 15〜20度ほどの冷水をふくらはぎから足首あたりに浴びせて冷やす
  3. 5回ほど繰り返して最後は水で終了する

という方法です。
例えば、最初に半身浴でじっくりと温まった後にお風呂を出る前の10分くらいをこの入浴法に切り替えて温冷作用を足に

 

 

 

>>人気サプリをランキングでチェック


関連ページ

顔のむくみ
朝起きてパンパンにむくんでいるといった時に短時間でも違いを感じられる顔のむくみの解消方法をご紹介します。
手・指のむくみ
朝や夕方に手や指がむくむ人の原因と解消するための方法や予防知識をご紹介しています。
足のむくみ
足がむくみやすい、夕方になるといつも足がパンパンという方が自宅や仕事先でも行えるセルフケア情報をご紹介しています。
ストレッチ
仕事中でも取り入れやすい短時間で行えるストレッチ方法をご紹介しています。
マッサージ
自宅でできるむくみを楽にしてくれるマッサージ方法をご紹介、むくみの原因の一つでもあるリンパの流れを意識したマッサージでスッキリを目指しましょう。
ツボ押し
自宅で行えるむくみ解消に効果的だと言われるツボの位置やマッサージのやり方をご紹介しています。顔や手、足といった部位別に効くとされるツボをまとめました。
ウォーキング
ウォーキングのむくみ軽減への有用性やウォーキングをする際のポイントについて解説しています。