むくみの原因は?スッキリのための栄養補給はサプリでサポート

むくみ|原因と解消法

多くの女性が経験しているつらい「むくみ」

 

むくみの主な原因として一般的なのが余分な水分と老廃物の排出がスムーズに行われていない事が挙げられます。このむくみは生活習慣・食生活の改善を目指すことが大切ですが、忙しい毎日の中で対策を行うのは大変ですよね。

 

そこでおすすめされているのが、むくみ対策のための栄養補給ができるサプリメントです。

 

むくみ対策のサプリメントには余分な水分や老廃物の排出に関わる成分をバランス良く配合し、体の本来の巡りに嬉しいサプリです。むくみだけでなく、冷えなどの巡りが滞りがちな方にも愛用者は多いんです。

 

 

当サイトではむくみの原因についての知識と合わせてむくみを解消するのに役立つ情報を掲載、むくみに悩んでいる方から人気のむくみ対策のための栄養補給に役立つサプリメントをランキングでご紹介しています。


 

むくみ対策サプリメント人気ランキング

 

するるのおめぐ実の特徴

  • 余分な水分・老廃物の排出に関わるミネラルのカリウムを豊富に含んだトウモロコシのヒゲ成分を配合
  • 体の巡りをスムーズにしたい方におすすめのポリフェノール成分、赤ブドウ葉・明日葉配合
  • 赤ぶどう葉、八丈島産明日葉、とうもろこしのひげなど、自然の恵みがふんだんに取り入れられ、美容をサポート

価格 980円
評価 評価5
備考 初回価格
するるのおめぐ実の総評

スッキリしないパンパンな悩みは食生活の影響が大きいですよね。するるのおめぐ実は、そんな溜めこみがちな方が不足しがちな栄養や成分を補給できるサプリメントです。
着色料などの化合物も使用されていないので体にも安全な上に、一日2粒を目安に取れば良いだけなので大変手軽です。

価格も定期便にする事で、初回980円、2回目以降も通常価格よりかなりお得に購入が可能となっています。
全国どこでも送料無料で届けてもらえるのも嬉しいポイントです。

初回980円でさらに30日間返金保証付き、しかもこの定期便は回数設定が無く、いつでもやめられるんです。

だから、実質980円で成分から安心にまでこだわったかなりおすすめ度が高いサプリとなっています。

きゅきゅっと小町の特徴

  • スッキリに嬉しいカリウムを配合
  • 水分の巡りのためのヘルシーハーブメリロートを配合
  • 女性特有のお悩みを健康的な体作りに役立つ栄養補給でサポート
美容・ダイエットサポート成分もバランス良く配合
ダイエットサポート成分として注目のL-カルニチン、白いんげん豆、ギムネマ・キトサンやポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なキャンドルブッシュに加えて、健康・美容に欠かせないビタミンCとビオチンといった、パンパンな毎日に巡る力を取り入れ、共に体の内側から女性をサポートする成分もバランス良く配合しているのがポイントです。

価格 980円
評価 評価5
備考 初回価格
きゅきゅっと小町の総評

きゅきゅっと小町は、朝起きると顔がパンパン、夕方になるとブーツが入らなくなるなど、溜めこみがちな方の栄養補給をサポートしてくれるサプリです。

スッキリに嬉しいミネラルとして知られるカリウムはとても失われやすい栄養素であり、日常の偏りがちな食事だけでは不足しがちです。
きゅきゅっと小町にはこのカリウムの補える他、クマリンを豊富に含んだヘルシーハーブの1種であるメリロートという成分が含まれており、体のスッキリをしっかりサポートしてくれます。

冷えや下半身太りが気になっているという方がスッキリとした毎日を過ごしながら内面を磨き、美容目的でも取り入れている方が多いです。

一袋150粒入り1か月分で初回購入に限り980円と大変お手頃な価格になっています。3か月飲み続けた場合も一日平均121.5円ととても飲み続けやすい値段設定になっています。

メグリス リコピンプラスの特徴

モンドセレクション受賞!パンパンに悩む人におすすめサプリ

シェフや栄養学者、大学教授や栄養士などの専門家が評価する2017年のモンドセレクションで銀賞を獲得したサプリメントです。
パンパン足に悩んでいる方は摂取する栄養素に偏りがあったり、不足している栄養素があったりするという説もあります。スッキリスムーズな毎日を手に入れたい方におすすめなのがこのメグリスです。

主要な成分
・赤ブドウ葉エキス 10800mg
・明日葉エキス 9000mg
・メリロート 1800mg
・コーンシルクエキス 1800mg
・リコピン 900mg
・カリウム 1800mg
※数値は原末量の総量

内容量
90粒入り約一ヶ月分
送料
送料無料 メール便での到着

価格 定期コース初回価格990円
評価 評価5
備考 通常価格4320円(税込) 単品購入も可能です。
メグリス リコピンプラスの総評

メグリスは、モデルさんやファンション関連の女性など、容姿に気遣う多くの女性に愛されているサプリメントです。
以前のメグリスにリコピンが加わったので、普段からトマトなどを食べない人でもサプリメントでリコピンを摂取できるのがおすすめです。

立ちっぱなしの仕事、座りっぱなしの仕事の方で、定期的に運動をする時間もなく、お風呂にゆっくり浸かる時間もない!という女性の救世主的な補助食品です。

しょうがでキュッとの特徴

  • 5つの野菜から抽出した巡りサポート成分を配合したサプリ
  • しょうがでポカポカ!内側から温め巡りをサポート
  • ポリフェノールを含む食品として有名な赤ブドウ葉や明日葉を配合
  • 海外では美容食材として有名なカリウムを豊富に含んでいるザクロを配合
  • 大豆イソフラボンで女性らしい美しさをケア
よどまない毎日に嬉しい栄養がバランス良く配合されているのがポイント! しょうがでキュッとの特徴は寒さを感じる毎日を内側からサポート。スムーズな巡りのための栄養補給を手軽に行えるサプリメントです。

価格 980円
評価 評価5
備考 ご紹介停止中
しょうがでキュッとの総評

国産原料にこだわり、残留農薬検査に合格したものだけを厳選、しょうがパウダーは独自の蒸ししょうが製法で生のしょうがよりも35倍ものパワーを引き出しています。

毎日飲むものなので、着色料や香料、保存料は無添加、バランスの取れた成分と、配合量もしっかりと公開するなど、品質に対してこだわりと自信を持っている点も安心して飲めるサプリとして好評です。

購入時の価格は定期購入をすると980円になります。定期コースは、不安があると思う方でも安心の返金保証がついています。

試して、良さが実感できない場合は、いつでも解約が可能です。また、メール便での配達なので、受取の不便さもなく便利に愛用できます。

>>目次へ


むくみの原因とは?

むくみには短時間で治まる一過性の症状と、病気や怪我などからくる病的な症状のものがあります。

むくみの仕組みとは?

細胞と細胞の間の水分はリンパ管に入ってリンパ液となり筋肉の動きや血管の圧力、呼吸運動などによって運ばれ鎖骨の下にある静脈に排出されます。
このリンパの流れは疲労や体の冷えなどによっても影響を受け流れが滞ることがあり、正常に代謝されないと余分な水分や老廃物が皮膚の下に過剰に溜まるのですが、この状態がむくみの仕組みの一つとされています。

一般的に多い一過性のむくみ

塩分の取りすぎ、長時間座っていたり立っていたりする、体の冷え、運動不足、水分のとりすぎ、アルコールのとりすぎ、ふくらはぎの筋力低下、体温調整不足、下着などによる締め付け、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、骨格の歪み、老化など

むくみ|原因

むくみでお悩みの方に多いのが、立ち仕事や座り仕事などで同じ姿勢を続けていることで血流が悪くなっている場合、ストレス、冷房、締め付けやヒールの高い靴などはみなさんも経験しているかもしれませんね。

 

むくみはそのままにしてしまうと老廃物の中のたんぱく質が水分を抱え込み、更にむくみを悪化して肌のシワやたるみ、セルライトなどを引き起こす原因となってしまうこともあります。

 

顔や足の特定箇所が短時間出ているものは自分で対策を取り解消を目指せますが、長時間むくんでいたり体全身がむくんでいる場合には病気を発症している可能性もありますので、病院で診てもらうことで、原因や症状の特定もでき、対策を取りやすくなります。

 

>>むくみと病気の関係とは?

 

食事による塩分過多の影響

むくみ|塩分

日々の生活の中で知らず知らずのうちにむくみやすい体質を招いてしまう原因と言われるのが、食事による影響です。

 

特に塩分過多な食生活を送っている場合、血中の塩分濃度の調整によってナトリウムが水分を抱え込みやすい状況となり、血圧も高まり、水分が血管外から染み出しやすくなるため、水分が細胞外に溜まりやすくなると言われています。

 

本来はこの後に再吸収されるのですが、血管からの水分の漏出が多くなることで水分が溜まった状態となると言われています。

 

>>むくみの原因は塩分?

 

むくみやすい食べ物・飲み物

ファストフード・インスタント食品・漬けもの・ラーメン・味噌汁・ハム・おでん・うどん・そば・デザートやスイーツ・お菓子・お酒のおつまみ・アルコールなど

 

ファストフードやインスタント食品、お酒のおつまみなどは塩分が高いことは想像できますが、漬けものやみそ汁といったメニューも味付けの仕方や飲む量によっては塩分が多くなる傾向にあります。同様にうどんやおそばの麺つゆの味つけも塩分が多くなりがちですので、むくみがちな方は意識したいですね。

 

また、デザートやスイーツなど糖分が多く含まれる食材も糖分が水分を抱え込む習性があるため、むくみに繋がる可能性があると言われています。

 

1品、1品はそこまででは無くても、食事メニューによってはトータルの塩分が多くなることが多いのが現代の食生活です。
使用する調味料によっても塩分は多くなります。味噌汁は減塩タイプもあるように、食事の内容に合わせて塩分の調整を行うのが基本ですね。

 

>>むくみを解消するための食事レシピ・食材

 

運動不足による影響

むくみ|運動不足

運動不足によって筋肉量が減り、衰えることで下半身の血行を促すポンプ役を担うふくらはぎなどが衰え重力の影響を受けやすくなり、むくみが起きやすくなると言われています。

 

また、血液循環と共にむくみと関わりの深いリンパ管の流れは筋肉の収縮によって促されているため、運動不足になると体本来の巡る力が低下してしまいやすくなり、その結果、老廃物や水分を含んだ血液やリンパ液の流れが滞りむくみやすい状況となってしまうと言われています。

 

ウォーキングやランニング、筋力トレーニングといった運動がしづらい方の場合はストレッチやマッサージなどを取り入れながら歩く習慣や階段を使うといった習慣を意識してみるのが第一歩になります。

 

その中で自宅で行えるセルフトレーニングを取り入れていくことで、何もしない状態から筋肉への刺激をすることができます。

 

>>自宅でできるむくみを解消するセルフケア

 

女性ならではのむくみの原因

生理

女性は毎月の生理(月経)前から始まり時期にむくみを感じる方が多いです。

 

これは生理時期の黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌が関わっていて、このバランスが乱れることがむくみを招くと言われています。
プロゲステロンは女性の妊娠などに関わるホルモンでもあり、体温の上昇や妊娠後の栄養や水分を体に溜めるといった働きを持っています。対してエストロゲンは代謝に関わるホルモンとされています。

 

生理前になるとプロゲステロンの分泌が増え、水分の排出が低下するためむくみを感じやすく、その後、生理中になるとこれらのホルモンの分泌が少なくなり、水分代謝が滞る他、体温が下がることで血行が悪くなるといった影響でむくみが起きやすくなると考えられています。

 

ピルの影響

女性の避妊などを目的とした経口避妊薬で、ホルモン環境を変えることで妊娠しづらい状況を作るのが基本的な目的として使われています。
様々な事情でピルを服用されている方がいらっしゃいますが、生理周期の安定、生理痛の緩和やにきび対策としても知られています。

 

ただしピルには副作用もあり(低用量ピルなど副作用に配慮した種類もある)、これによってむくみが起きるケースがあるとされています。

 

ピルによるむくみも生理によるむくみと同様に女性ホルモンの影響が大きく、ピルを飲むことでプロゲステロンをが分泌されるため、水分を溜めこみやすい状況になることから、むくみが生じやすいと言われています。

 

一般的に利用されているピルは低用量ピルというホルモンの量が減らされているピルが多く、体調面に配慮した成分内容となっており、副作用は出づらくなってきにていると言われていますが、それでもむくみを感じる方は少なくありません。

 

妊娠中

妊娠中のむくみは、赤ちゃんを育むために多くの血液が作られ、水分も溜めこみやすくなる体の仕組みと相まって、血液中に水分の量が多くなります。
これによって血液の循環をスムーズにする働きもあるのですが、水分が多いということはむくみが生じやすい状況であるため、むくみやすいと言われる時期です。

 

さらにお腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて内臓や血管が圧迫されることになり、血液やリンパの流れが滞りやすいのも原因とされています。

 

特に妊娠中で産休までに立ち仕事やデスクワークをする時間が長くなることで、通常でもむくみやすい状況と妊娠中のむくみやすい状況が重なり、むくみがつらいという状況になりやすいと言われています。

 

妊娠中は運動を控える必要があり、筋肉量が低下し衰え、基礎代謝が低下しやすいのも影響しています。

 

産後

また、産後は出産によって体から多くの水分や血液などが排出され、その分体内の水分量が低下するため、血液内で水分を抱え込もうとする機能が働きむくみが起きやすくなると言われています。

 

この時期は母乳を赤ちゃんに与える方が多いため、多くの水分が失われることも、水分不足になりやすい状況を作ると言われています。
出産によってホルモンバランスも変わりますので、この時期はむくみだけでなく、他の体の悩みや心も不安定になりやすい時期と言えます。

 

赤ちゃんにかかりっきりで運動不足や食生活も不規則であったり、偏ったりしがちなのも体の栄養バランスを乱しやすくしている原因と考えられています。

 

>>婦人科で教えてくれるむくみ対策とは?

 

足のむくみの主な原因

足のむくみ

足にむくみが発生するメカニズムは、立ち仕事やデスクワークなどでずっと同じ姿勢でいて水分が重力により体の下にある足へ溜まってしまうからです。

またはヒールやきつめの靴を長時間履き続ける事によっても起こります。

 

心臓から遠い位置にあること、さらに下半身の血液循環を促すふくらはぎの筋力低下は心臓へと血液を戻す力が弱まり、より重力の影響も受けやすくなると言われています。

 

運動不足な方で立ち仕事やデスクワークをしている方は足のむくみが起きやすいというのはこのためですね。

 

むくみやすい時間は朝よりも午後から夕方という一日の後半に感じやすいのが特徴です。

 

>>足のむくみを解消するには?

 

顔のむくみの主な原因

顔のむくみ

顔にむくみが発生するメカニズムは、日中は頭が上にあるのが基本ですが、睡眠時は頭と足の高さが同じくらいになります。

これによって水分や血液が顔にも行き渡りやすい状態になります。

 

またこれに加えて

  • 前日の食事やお酒による影響
  • 夜寝る前に一気に沢山の水分を摂った
  • 目をこすった・泣いた
  • 寝る前のメイク落としで擦ってしまう
  • うつ伏せ体勢で長く寝る
  • まくらの高さが合わない

などが影響してむくみに繋がる場合があると言われています。

 

例えば、アルコールの摂りすぎや塩分の多い食事などを前日にしていることで、血液内の状況がアルコールの場合はアルコール濃度を下げようと抗利尿ホルモンの働きが弱まり、利尿作用が働き、多くの水分が排出、さらに血中のアルコール濃度が高くなり、それを抑えようとどんどん水分を取り込もうとします。

 

この状況になると喉の渇きを感じやすく、短時間で多くの水分を摂ってしまうことで血液内の水分が増えむくみが起きやすくなると考えられています。

 

そして睡眠を経て朝起きると、顔にも水分が行き渡りやすい体勢でもあるため、朝に顔がむくみやすくなると言われています。

 

>>短時間で顔のむくみを解消するには?

 

手のむくみの主な原因

手のむくみ

手も足と同様に心臓から遠いこと、そして筋肉が少なく、冷えやすいなど外部からの影響も受けやすいため、血行が悪くなり老廃物が溜まってしまいやすい場所と言われています。

 

また、顔のむくみと同様に寝ている間に血液や水分が溜まりやすいこともあり、朝にむくむことが多い箇所です。

 

>>手・指のむくみを解消するには?

 

>>目次へ

むくみが起こる原因は腎臓と心臓に問題がある?

むくみ|病気

体の巡りの基本は循環と浄化を行いながら体の細胞や組織へと、栄養と酸素を届け、老廃物を受け取り毒素や余分なナトリウムや他の栄養素を体外へと排出するというものです。

 

そして人間の体には水分が多く含まれており、個々の細胞の間に、細胞間質液という形で存在しています。
この細胞間質液は、一定以上溜まるとリンパ管から静脈へ流れ、さらに、静脈内の血液によって腎臓に運ばれて、尿とともに体外へ排出されます。

 

しかし、リンパ液の流れが悪くなったり、静脈内の血液の流れが悪くなったりすると、細胞の間に余分な水分が溜まりすぎて、手足の皮膚の下がぱんぱんに腫れ上がることがあります。

 

これが基本的なむくみのメカニズムと言われています。

 

むくみが起こる原因は、直接的には、余分な水分が排出されないところにあるのですが、さらに根本をつきつめると、リンパ液や血液の流れが悪いというところにあります。そうなる1つの原因としては、心臓や腎臓に問題がある場合が考えられます。

 

心臓による影響

心臓は血液循環の大元でもあるポンプの役割を担っています。そのため、心臓から送り出される血液の流れが悪いと、静脈内の血液の流れも悪くなり、水分が排出されにくくなります。

 

加齢や体重増などによって心臓のポンプ機能が低下、さらに血管が細くなり、加えて食生活などで血液がドロドロになってしまうことで、血行が悪くなりやすくなります。

 

腎臓による影響

また、腎臓に問題がある場合には、血液中の余分な水分や老廃物を尿として排出する機能が低下し、やはり、余剰の水分が排出されにくくなります。
腎臓は血液循環のフィルター役でもあるため、ここのろ過機能が低下してしまうことで、様々な影響が出てしまいます。

 

腎臓が悪くなることでろ過が出来ない状態が続くことで代謝物の排出ができない、タンパク尿や血尿を伴い、様々な腎臓の疾患へと繋がる可能性があると言われています。

 

腎臓疾患の患者さんが受けることが多い人工透析はこのろ過機能が低下した腎臓の代わりに老廃物や毒素を排出するための治療法となります。

 

むくみが生じている箇所をマッサージしてもなかなか症状が改善されない、朝や夕方といった時間帯だけでなく、慢性的に一日中むくみを感じることが多いという場合は、一度、医師の診断を受ける必要性もあるかもしれません。

 

心臓疾患や腎臓疾患の患者さんはむくみを感じやすくなるというのはこれらが影響していると考えられています。

 

>>目次へ

病気が原因のむくみ

上述したように体の健康状態によってむくみを招くことがあることがわかりました。病気の中にはむくみが慢性的に表れる病気も多く、むくみが気になる場合には病院に相談する必要性があることもあります。

 

病気に関わるむくみの種類

腎性浮腫・心性浮腫・肝性浮腫・内分泌性浮腫・静脈性浮腫・リンパ性浮腫・栄養障害性浮腫

 

むくみを招くと言われる病気

下肢静脈瘤・深部静脈血栓症・甲状腺低下症・腎臓硬化症・糖尿病・肩手症候群・慢性肝炎・アルコール性肝炎・肝硬変・心筋梗塞・拡張型心筋症・ネフローゼ症候群・腎不全・原発性リンパ浮腫・続発性リンパ浮腫など

 

他にも原因がわからない突発性浮腫というむくみもあります。

 

むくみは何科で診察を受けるの?

むくみが気になるから病院で診てもらいたいという場合の診療科は基本的に内科ではありますが、心臓、腎臓、肝臓、静脈やリンパといった様々な原因が考えられます。また、下半身のむくみの場合には下肢静脈瘤といったケースもあるため、血管外科といった専門科があり、しっかりと見てもらう場合には専門科がある総合病院にて検査をしてもらった上で適切な科を案内してもらうのが基本です。

 

他にも循環器科、消化器科、腎臓内科、内分泌科など様々な科があります。これらを一般の方が自分で判断して選択するのは困難ですので、最初は内科で相談の後、検査を行うという流れが一般的です。

 

こんなむくみは病院への相談も考える
  • 一過性ではなく慢性的なむくみが続いている
  • むくみのせいでズボンやベルトがキツイと感じることが増えた
  • 1日の中でむくみによって体重の変化がある
  • 尿量の変化があった
  • 尿の出が悪い
  • 夜中にトイレで目が覚めることが増えた
  • 夜寝ている時に咳や息苦しさを感じる
  • 血尿など尿の色が気になる
むくみの問診ではどんなことを聞かれる?
  • むくみを感じるようになった時期
  • 一日の中でむくみを感じる時間帯
  • むくみを感じる周期
  • むくみが出た時に体を中心に両側に出るか片側に出るか
  • 体重の変化について
  • ベルトや指輪などの締めつけ具合
  • むくみ以外の症状
  • 普段の仕事の時の姿勢や過ごし方
  • 食欲の変化

といった点が問診されるのが一般的です。この他に心臓、腎臓、肝臓の病歴や薬の服用、アレルギーの有無、女性の場合は妊娠の可能性なども問診されることがあります。

 

>>目次へ

むくみの身近な原因まとめ

  • 短時間での過剰な水分の摂りすぎ
  • 水分不足
  • 塩分過多や食生活の偏り
  • お菓子やデザートの食べ過ぎ
  • 立ち仕事やデスクワークなど同じ姿勢で過ごすことが多い
  • 運動不足
  • 寝不足
  • 冷え
  • お風呂をシャワーで済ませる
  • サイズが小さめな洋服や靴を履く機会が多い
  • 生理前・生理時
  • 妊娠中
  • 顔の場合が外部からの負荷

身近ながらむくみに繋がりやすい原因です。
また、男性と比べると女性の方が筋肉量の差や毎月の生理などによる影響があるため、むくみを感じやすく、さらに高齢になることで、筋力の衰えや内臓の衰え、血管の衰え、ホルモンバランスの乱れなどが影響することでむくみを招きやすいと言われています。

 

>>目次へ

むくみを解消する主な方法

むくみ|解消

病気が原因ではない、一過性のむくみの解消を目指す場合、セルフケアでは体の内側と外側のケアを取り入れることが基本となります。

 

また、むくみは日ごろのむくまないための予防習慣がとても大切ですので、むくんだ時だけのケアというようにならずに、普段からむくまないための習慣作りに取り組むことでむくみがちな生活を解消することが期待できます。

 

>>むくみの解消法一覧
>>普段からできるむくみを予防する方法

 

リンパマッサージ・ツボ押し・ストレッチ

むくみは血流の滞りだけでなく、リンパの流れも影響しており、流れが悪くなることで老廃物が溜まりやすい状況となってしまいます。

 

そのため、むくみが気になる時にはリンパの流れを意識したマッサージを行うことで筋肉をほぐし、血行を促しながらリンパの流れも促すことに繋がります。

 

筋肉の衰えなどでリンパのポンプ作用がうまく働かないと体内の水分などが下半身に滞りやすくなります。マッサージでリンパの流れを促進することが大切です。

 

>>むくみ解消マッサージ法
>>むくみに効くツボ押し
>>むくみ対策のストレッチ法

 

冷え症対策

そして、女性の場合、冷えを解消することも重要です。冷えが続くことで血流が悪くなり、むくんだ状態が起きやすくなります。
また、むくみが血液の循環を悪くし、冷えを促進させてしまいます。皮下脂肪もたまりやすくなるので気をつける必要があります。冷房も冷やしすぎないように注意が必要です。

 

入浴でもシャワーだけで済ませているという場合で冷えやむくみがちという方は、入浴時間を取り、湯船に浸かるなど体をしっかりと温める習慣がポイントになります。

 

>>むくみ解消のためのお風呂の入り方

 

生活習慣の見直し

不規則な生活を改善することも大切です。自律神経の調整が乱れることでむくみやすくなります。
バランスのとれた食事や規則正しい生活は身体にとってもとてもよいことなのです。
冷やさない、老廃物を溜めこまないというのがとても大切なむくみを改善するには、毎日少しの努力が大切です。

 

運動不足、睡眠不足といったむくみに繋がりやすい生活を見直すことが大切ですね。

 

>>むくみ対策のウォーキングのポイント

 

むくみ予防や解消グッズ

むくみやすい環境で仕事をしているという方や毎日の習慣でむくみケアをしたいという時に便利なのがむくみ予防や解消をサポートしてくれるむくみグッズです。

 

むくみグッズと言っても沢山あり、

  • 足のむくみに働きかける着圧ソックス、弾性ストッキング、5本指ソックス
  • リンパマッサージをサポートするローラー、マッサージをしやすくするためのオイル
  • 体の内側からのサポートに役立つお茶やサプリメント

など様々ですので、自分のむくみの状況や使用するシチュエーションに合わせて取り入れることで、むくみにくい習慣に役立ちます。

 

むくみ解消グッズ一覧

 

食生活の見直し〜忙しい人にはサプリメントでむくみ対策

生活が不規則な人や、塩分を摂取することが多い人、マッサージなどを毎日行う時間がない人はサプリメントを摂取することでむくみにくい体作りのための栄養補給に役立ちます。

 

食生活の見直しを行いながらも1日に数粒飲むことで、余分な水分や老廃物の排出を促すのに関わる成分や栄養など、体の巡りをサポートする成分をバランス良く補うことができ、食生活の補助として体本来の栄養バランスを効率良く保つのに役立ってくれます。

 

サプリメントは医薬品ではないので、食事からの栄養補給に近い感覚で利用できるのがメリットです。
体の内側を整えたいという時に食事による栄養補給の次に手軽なむくみ予防の習慣と言えます。

 

>>むくみ解消サプリ一覧
>>むくみ解消サプリに関する知識

 

>>目次へ

むくみがつらい、むくみで痛みがある時の対処法

むくみ|痛み

むくみがつらい時ってありますよね。そんな時に短時間で楽にしてくれる方法は是非知っておきたい知識と言えます。

病気ではなく一過性のむくみの場合は巡りが滞り、老廃物がたまった状態でパンパンな状態で、これがひどくなるとダルくなったり、張りがつらいと感じます。

 

特に足のむくみで感じる方が多いですが、基本は滞った血流とリンパの流れを良くしながら、筋肉をほぐして刺激することが大切です。
同じ姿勢でいる時などは血行も悪くなりやすいので、意識して動かす、マッサージ、ストレッチをするといった方法がシンプルながら効果的とされている基本の対処法です。

 

各部位別にこちらのページで詳しくご紹介しています。
>>顔のむくみを解消する方法
>>足のむくみを解消する方法
>>手・指のむくみを解消する方法

 

むくみで痛みを感じる方

睡眠不足など不規則な生活習慣で自律神経が乱れ、脳の疲労もたまります。こうなると内臓への指令を出し、機能に関わる自律神経にも影響が大きくなり、体の回復力も低下しやすくなります。むくみで足がパンパンということは、末梢神経も圧迫されるので、負荷がかかります。

 

これが痛みとして伝わることで痛みを感じてしまうケースがあるので、直接的なマッサージなどよりもしっかりと体を休めて疲労物質の除去をする時間を体に与えることで次の日の体が回復しやすくなります。

 

何をしても痛みが続く場合

マッサージやつま先立ち、手の開閉や顔や首、肩周りのストレッチなどを行ってもむくみが楽にならず、痛みを感じるという場合は注意が必要かもしれません。
この場合、むくみや姿勢によって血管の流れが滞る、もしくは詰まるといった血管障害などの可能性やなりかけてしまっているといったケースもあります。

 

そのため、一過性の痛みという場合で、マッサージやストレッチなどを行うことで傷みが消えるという場合はまだ良いですが、痛みが引かないといった場合は病院への相談を検討する必要もあると言われています。

 

>>目次へ

むくみの解消におすすめされる成分・栄養素

むくみ|栄養成分

むくみがちな方が栄養補給の面で意識したいのがビタミン、ミネラルといった基本的な栄養素、そして体の酸化を防ぎ、血液の流れを良くするのに良いとされる成分の補給です。

 

むくがちな方が意識したいビタミン

  • ビタミンC:抗酸化力が高く、抗ストレス作用を持ち、代謝にも関わるビタミン
  • ビタミンB1:糖質をエネルギーに変え、元気な体を保つのにも関わるビタミン
  • ビタミンB2:エネルギー生成に関わりが深く関わるビタミン
  • ビタミンB6:タンパク質や脂肪の代謝に関わるビタミン
  • ビタミンB12:造血ビタミンとも呼ばれ赤血球の形成や再生にも関わるビタミン
  • パントテン酸:抗ストレスビタミンとも呼ばれるビタミン
  • 葉酸:ビタミンB12と共に造血を防ぐのにも関わるビタミン
  • ビタミンE:抗酸化力が高く血管の健康にも関わるビタミン

野菜や果物から摂りやすいものの、不足しがちになりやすいのがビタミンです。調理の過程で熱や水といったもので壊れたり流れてしまう種類もあるので、材料に含まれる量をしっかりと補うのも難しいので、しっかりと意識して補給することが大切です。

 

むくがちな方が意識したいミネラル

  • カリウム:塩分を体外に連れ出すなど体内の水分調整に関わるミネラルでむくみ対策の成分として有名
  • マグネシウム:筋肉の運動に関わり、新陳代謝やカリウムとナトリウムのバランス調整に関わるミネラル
  • カルシウム:筋肉の収縮の緩和や血液の凝固を防ぎ、神経を緩和するのにも関わるミネラル

カリウムはむくみ対策のミネラルとして有名ですが、これだけを摂れば良いということではないので注意が必要です。
血液循環をつかさどる心臓のようなポンプ機能が無いリンパ液の循環には筋肉の刺激によって流れを促しているため、筋肉の収縮や緩和、機能を維持する上で欠かせないミネラルはバランス良く補給することが大切です。

 

また、塩分に含まれるナトリウムも摂りすぎはいけませんが、摂らな過ぎるのも、他の健康面への影響が出てきます。
現代の食生活では塩分摂取が過多な傾向にあるため、通常の食生活をしている中では不足することは少ないものの、過剰なダイエットなどで不足してしまうケースがあるので、注意しましょう。

 

むくみがちな方が意識したいその他成分・栄養

  • タンパク質:血管や筋肉、臓器などを作るのに必要な5大栄養素の一つで、健康に欠かせない栄養素(アミノ酸もタンパク質)
  • ポリフェノール:体の活性酸素を除去して酸化を防ぐ抗酸化成分(カルコン・レスベラトロール・クマリン・アントシアニン・ケルセチン・カテキンなど)
  • DHA・EPA:血中の中性脂肪やコレステロールを下げ血管の健康を保ち赤血球自体の健康維持など血液の流れを保つのにも関わる成分
  • サポニン:血液循環をサポートにも関わる成分
  • クエン酸:血中の老廃物・疲労物質の排出にも関わる成分
  • 食物繊維:善玉菌優位な腸内環境を保ち、便通を良くするのに役立つ
  • ショウガオール:冷えやすいという方が取り入れやすい生姜に含まれる体をポカポカと温めてくれる成分で血行を良くするのにも役立つ

ビタミンやミネラルの他に意識したいのがポリフェノールなど抗酸化成分、そしてむくみと関わりの深い冷えや便秘の予防や解消に関わる成分ですね。
また血液循環に関わる血管の健康や血液をサラサラにするのに働く成分なども巡りの滞りが影響するむくみにとっては意識したい成分と言えます。

 

>>むくみを解消する食事・食べ物

 

>>目次へ

むくみ解消サプリの口コミ

むくみ|口コミ

ここまでご紹介した栄養素を食事だけで摂ろうと思うと、しっかりとバランスを意識したメニューを毎日用意する必要があります。

 

でも忙しい毎日でそれが準備できていたら、むくみがちといった状況は今よりもつらくは無いですよね。

 

スッキリできない時に簡単に行えるセルフケアとして人気の理由はズバリ、ココにあって、基本的なビタミンやミネラル、アミノ酸などのタンパク質といった栄養補給に加えて、巡りをサポートするポリフェノールや腸内環境を整える乳酸菌、さらには冷え対策にも嬉しいポカポカ成分まで網羅して食事と一緒に補給することで、不足分がしっかりと補えるのがポイントです。

 

実際にむくみ解消のためにサプリを利用している方の口コミを見ても、習慣としてサプリメントを利用し始めてからスムーズな毎日に役立っているという声が多いです。

 

むくみ解消サプリ愛用者の声

 

栄養バランスの大切さを再確認できました。

 

20代から仕事を頑張りたいという気持が強かったので、寝る間も惜しんで毎日頑張って気ましたが、その分、食事などはつい後回しでむくみがちなのはもちろん、お肌の調子も悪くなり、慢性的な便秘というのが基本でした。

 

ただ、30代を過ぎると毎日の疲労が抜けないと感じ、今までのむくみよりもだるさを感じたりパンパンになる頻度も増えてきました。

 

体を壊しては元も子も無いということで、一度病院に行きましたが、まだ病気ではありませんでしたが、食生活の改善についてアドバイスを受けました。

 

かといって食事を毎日しっかりと作るとなると大変ですので、栄養バランスには配慮しながらサプリを取り入れてみたのですが、今では無くてはならない習慣の一つです。

 

一度初めてみると飲むのに時間はほとんどかかりませんし、今の私に必要な栄養がしっかりと補給できることもあって、愛用しています。

 

食事や睡眠時間が重要ということで、改善に努めていたおかげもあってか、調子が以前よりも良いです。

 

色々とむくみ対策グッズを試していましたが、基本でもある食事や生活習慣という面を意識することが一番大切だということに、改めて気付く事ができました。

 

むくみ解消サプリはこれからも続けていきたいと思います。

 

30代会社員の方

 

※個人的な感想です。


 

 

スッキリの味方!めんどくさがりな人にはピッタリ!

 

結婚して出産を機に仕事を辞めたこともあり、ほとんど運動をしなくなったということと、育児、子育て中のストレスなどを解消するのに間食、デザート、スイーツが楽しみとなってしまい、体重も増えたのですが、それ以上に太い足が気になっていました。

 

家事をしていても足のあたりがぼわ〜んと張っている感覚でパンパンです。
朝と夕方では足の太さもデニムのきつさで違うと感じるくらいのパンパン体質になってしまいました。

 

最近は足のラインが出るパンツを履くのに気が引けてしまうことも増えてきたので、しっかりと足痩せを目指したいと思い、まずはむくみを改善するのに、始めた習慣の一つがサプリメントによる栄養補給です。

 

入浴や自宅で出来るセルフケアをしながら食事と一緒にしっかりと巡りに嬉しい栄養を摂ることで、体の内側からもケアしようと考えたのですが、他の解消法はついサボっちゃうことがありますが、サプリは水で飲むだけなので、やっぱり楽チンです。

 

何事も継続が大切なのはわかりますが、つい・・ということは多いので、続けやすく健康にも役立つというのは嬉しいですね。

 

最近は水分補給をしっかりとしていますが、今までよりもスッキリを実感しています。

 

30代主婦の方

 

※個人的な感想です。


 

サプリ愛用者の口コミや体験談を見てみると

  • 食事が偏りがちな時に役立つ
  • 朝の顔に違いを感じた
  • 栄養補給に役立つので体の調子が良い
  • いつもと違うと感じる

といったポジティブな感想も見られます。

 

もちろん低評価な声もありますが、しっかりと継続した方の多くは、違いを実感出来ているようでリピートするのに値するという評価の方はとても多いです。

 

むくまない体作りは食習慣が基本

サプリメントはお薬ではありません。どうしても効果や効能といったものをサプリメントに求めてしまいがちですが、あくまで栄養補給を目的として栄養補助食品です。
ですので、飲んですぐに効くという表現は適切ではありません。食事と同じように毎日の習慣として栄養バランスを意識した栄養補給に役立ち、その上で巡りの不調に伴う女性ならではのお悩み対策にも嬉しい栄養が同時に摂れるという栄養バランスの強化に繋がり、その習慣が体に根付く事で巡りのリズムが体本来の状態へと保つことに繋がる点がむくみ解消サプリによるむくみ対策の基本です。

 

健康維持は食事からの栄養補給が大前提ですので、この点を強化してくれるという点がむくみ解消サプリの魅力であり、むくみ解消に効果的だと評価されていると考えられます。

 

>>人気のむくみ解消サプリの口コミをチェック
>>むくみ解消サプリランキング

 

>>目次へ

まとめ|食生活の影響が出やすいのがむくみ

むくみ|口コミ

一過性のむくみはここまでご紹介したような、体の仕組みによって水分を抱え込み水分が血中に増えることで、細胞外へ漏出する水分も多くなり、結果細胞間に水分が溜まっているという状況を作り出しやすい生活習慣・食生活の影響が顕著に出やすくなります。

 

判りやすいのが立ち仕事やデスクワークといった状況ですが、この状況を作るのは体の中の巡る力や栄養バランスの偏りも影響しており、水分調整に働くミネラルの不足や塩分の摂りすぎ、お酒を良く飲むといったことで血液中の環境やバランスが悪くなってしまうことで、むくみが起きやすい体質になってしまいます。

 

運動をせずに、食べることやお酒が大好きといった方の場合はむくみが起きやすくなってしまうわけですね。

 

他にも体を締め付けるような下着を着用していたり、体の冷え、睡眠不足や加齢によっても起こりやすくなると言われています。

 

これらは日々の生活習慣、食生活といった健康維持にも関わる基本的な点に乱れが生じているということにも繋がるため、むくみやすいというだけでなく、他の健康面、女性であれば美容面などにも影響してくるので、むくみ対策の基本は体の内側を健やかに保ち、その上で外部からのケアなどでさらにむくみを予防するといった働きかけが大切と言えます。

 

>>むくみ対策サプリメント人気ランキングへ

 

>>目次へ

更新履歴